ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

ホームベーカリーでうどん・パスタを作って食べよう

そろそろどうやって経済を再開するかという議論になってきていますね。かかった時に自分が軽傷ですむのかどうかもわからないので、かからないにこしたことはないなと思います。

今回も引き続き、引きこもりの食べ物について書きたいと思います。

うどんはアメリカでも材料が用意しやすい

こちらの買い物事情としては、最初品薄だった粉類のうちall-purposeはよく見かけるようになった気がします。強力粉がちょっとまだ品薄で、パン作成勢がちょっと困っている気がしています。all-purposeは日本の粉でいうと中力粉くらいなので、うどんが作れます。

日本は小さなお店では中力粉を探すのが面倒で、強力粉と薄力粉を混ぜるというレシピが多いです。パンを作る人なら強力粉はストックされていると思いますが、そうでない人はわざわざ強力粉を買うことになるんですよね。(あ、でもホームベーカリー持っているということは強力粉ある、ということなのか。)

せっかく粉一つ測れば済む(あとは塩だけ)ので、日本のホームベーカリーお持ちならこの自宅待機の機会にやってみるのはどうでしょうか。

もちろん、スタンドミキサーでも作れます。

パスタマシーンなら麺がキレイに切れます

生地は簡単にできるので、どちらかというと、切るところで思案されている方が多そうだったので、先にそちらからご紹介しますね。

我が家はパスタマシーンで切っています。初めて作った時、包丁で切ったのですが、中華で使うようなカーブのない包丁じゃないとうまく切れない、というのとへたくそで太くなってしまって、細目が好みだったのもあり、残念な仕上がりになりました。キッチンエイドスタンドミキサーの押出式パスタマシーンもあるのですが、うどんのコシに機械がついていかないみたいで、うまくいきませんでした。

ご紹介しますパスタマシーンですが、左側の本体のフェットチーネのローラーで生地を伸ばして、好みのうどんの太さのアタッチメントで切るだけです。

本体に初期でついているのは、フェットチーネと細い目のパスタ用カッターなので、間くらいの太さにしたかったので右のアタッチメントを買いました。

今品切れなのですが、私が買うときも品切れで、イタリアのAmazonから買った記憶があります。

このタイプのパスタマシーンを使う場合の注意なのですが、本体を↓の写真のように机や台に固定する必要があります。

f:id:torilover:20200423151631j:plain

我が家はテーブルの天板が分厚すぎて設置できず、キッチンもあまり天板の引っ掛かり部分の奥行きがなくて、引き出しをあけてそこにむりやりつけて使っています。

ホームベーカリーでうどん生地を作る(Panasonicの場合)

 ホームベーカリーでまずは生地を作ります。付属のレシピどおり作るとちょっと柔らかい気がするので、寝かせる前に何回か踏んでいます。

やり方ですが、ジップロックフリーザー袋のガロンサイズの真ん中あたりに丸めた生地を入れて、ジッパーは端まで閉めずに踏んで伸ばし、袋の中でたたんで、また踏んで伸ばし、を2~3回やっています。写真は、袋に入れて一回踏んで伸ばしたところです。

ジッパーを全部閉めて踏むと袋が破裂することがあります。

f:id:torilover:20200423152030j:plain

踏み終わったら冷蔵庫で2時間ほど休ませました。(付属のレシピに書いている時間です)

パスタマシーンでパスタを切る

打ち粉をつけて、フェットチーネのアタッチメントで伸ばします。最初は太めにして、満足のいく薄さになるまでダイヤルで調整して伸ばします。

コシのある生地だとレバーを回すときに本体が動くので、しっかり押さえて回します。マシーンに通す前にある程度押して平たくしておくのがいいと思います。

f:id:torilover:20200423085415j:plain

伸ばしていくと生地が長くなるので、半分のところでキッチンはさみでカットしたほうが次の工程の時に楽でした。

最後に麺用のアタッチメントで切ります。麺がでてきたら、打ち粉をしっかりつけないとすぐにくっつくので注意です。

f:id:torilover:20200423085446j:plain

実食!

あとはゆでて食べるだけです。この太さで7分くらいゆでているのですが、手づくりのだいご味といいますか、誤差があるので、途中でちょっと食べてみてゆで具合は確認してください。

冷やしうどん

f:id:torilover:20200121131946j:plain

カレーうどん

f:id:torilover:20200121132006j:plain

ホームベーカリーパスタ(Panasonicの場合)

ホームベーカリーではパスタ生地も作れますので、同じように作れます。

パスタの場合は卵やセモリナ粉がいるので、うどんより少し用意が面倒かもしれません。

f:id:torilover:20200125201608j:plain

f:id:torilover:20200125201625j:plain

まとめ

アメリカは中力粉が激安なので、色々なメーカーの粉を試してみるのも面白いかもしれないと思います。きしめんがOKな方なら、パスタマシーンに初期でついているフェットチーネのカッターだけでもいいかもしれないですね。私は太い麺が苦手なので、アタッチメントを買いました。冷凍うどんみたいにタピオカ粉いれるともっちりになるのかもしれない、と聞き、そのバージョンも作ってみたいと思っています。

これから始めるかたは、コシが好きだから、と最初から固い麺を作るとレバーが回せなくて困るので、ちょっと様子見ながらやってくださいね!

最後に、ちょっと後片付けが面倒かもしれません。打ち粉が散ったりするので・・・。

 

ではでは。