ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

お弁当にパスタをおいしいまま持っていく試行錯誤

家で晩御飯にパスタをよく作ります。お弁当を持っていく場合、前の晩のを多めに作ってそれを詰めるというのがパターンなのですが、パスタだと、持っていくとパスタがぶよぶよになっていて、私の嫌いな感じになってしまうため、やめていました。

パスタは美味しいのだけれど、弁当の中身を別途作らないといけないので、それが負担だなあということで、週末にすることが多かったです。あるときふとソースに麺がふれていなければぶよぶよにならないんじゃないか?!と思い立ちました。これは、ヨーグルトにドライフルーツを一晩漬けて戻すとおいしい、というのにはまっていたとき、麺も同じ原理で余分に水分吸ってブヨブヨまずーい状態だったのでは?とひらめいたのです。

そんなわけでこんな感じでチャレンジ。

f:id:torilover:20180125165120j:plain

麺は堅めにゆでて、くっつかないようにオリーブオイルをからめてあります。両方ひえひえなので、食べる前にラップしてチンするので、多少芯が多めに残っていても大丈夫そう。

左の麺を右のソースに移して食べます。ショートパスタの方が楽です。

 

今回これをするにあたって、栗原はるみブランドの弁当箱を活用しています。 このお弁当箱は、上の段だけ、下の段だけ、でも使えるし、形的に上に丼の具、下にごはんをいれて丼ランチもできます。見た目もすっきりでかわいすぎず、気に入っています。

栗原はるみ カップランチ カトラリー ホワイト

栗原はるみ カップランチ カトラリー ホワイト

 

蓋以外電子レンジ、食洗機OKです。前は蓋もレンジできるのにこだわっていましたが、そうすると選択肢が少なくてなかなか満足のいくお弁当箱に巡り合えませんでした。前の日に作ってギリギリまで冷蔵庫で、食べる前にチンだったので、フタごとチンしたいのですが、解決策として、今はフタと本体の間にラップはさんでいまして、チンするときにフタだけ外しています。