ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

Instant Potクッキング:日本のおうちカレー

スロークッカーや圧力鍋機能などが備わったInstant Potというものが流行っているか、普及してきているらしく、夫も同僚にすすめられてAmazon prime dayで半額くらいで購入していました。アメリカの家に着いたら置いてあったので、活用していこうと思っていくつか作ってみましたら、ハマりました。 

↓が公式サイトでレシピも載っています。

https://instantpot.com/

 日本のAmazonにも輸入品があるみたいですが、これは変圧器使うのかな・・・?

 

アメリカのレシピは写真のないものが多い?

最近日本では動画のレシピサイトが増えていますよね。あれがあると、料理用語がわからなくてもできますし、テクニックも同時に覚えられていいですよね。

今回、Instant Potにハマりそうだったんで、活用のためにいくつか本やレシピを見たのですが、完成品の写真しか載っていなかったり、完成品の写真すらないレシピも結構ありまして、どんな料理かさっぱりわからないものも><

私が買ってみたのは以下の2冊。kindle版なので、日本のamazonで円で買うことができます。 特に上の本はkindle版238円と激安です。kindleの書籍は時期が違うと金額が変わったりしている気がするので、購入時はご確認くださいね。

How to Instant Pot: Mastering All the Functions of the One Pot That Will Change the Way You Cook (English Edition)

How to Instant Pot: Mastering All the Functions of the One Pot That Will Change the Way You Cook (English Edition)

 
The Essential Instant Pot Cookbook: Fresh and Foolproof Recipes for Your Electric Pressure Cooker

The Essential Instant Pot Cookbook: Fresh and Foolproof Recipes for Your Electric Pressure Cooker

 

 これからぼちぼちチャレンジしていこうと思います。

初回に作ったものはビーフシチュー

いろんな機能がある中で、最初に作ったものは買った本に載っていたビーフシチューなのですが、必死すぎて画像が残っていません。

しかも必要な材料の中で小麦粉がなくて、シチューというよりは煮込みスープっぽくなったので、材料がそろっている時に作ったものをレシピにして残そうと思います。

二回目は日本のおうちカレー

二回目は、先日行ったMitsuwaでバーモントカレーとゴールデンカレーを手に入れいていましたので、これを使ってカレーを作りました。豚肉で作ったのですが、肉がほどけてしまうほど柔らかくなって、それなりにおいしく作れたと思いますのでレシピを記録します。

材料(カレールー 0.75箱分)

玉ねぎ 大3個分くらい

ナス 大1個(アメリカのナスは大きいので、日本のナスだと3本くらいかな・・・)

エリンギ 大2本

じゃがいも 大2個

豚肉 500g

ニンニク 2片

ブイヨン(野菜2キューブ)

プレーンヨーグルト お玉2杯分

水 1リットル

油 おおさじ1

レシピ

1. 玉ねぎは細切り、ナスは乱切り、エリンギは短冊に、じゃがいもはごろっと大きめ乱切り、にんにくは刻んでおく。豚肉は2.5センチ角に切っておく。
2. Instant Potに油を引きニンニクをいれて、【Saute】モードにする。あたたまって香りが出てきたら玉ねぎを入れてヘラで炒める。 玉ねぎが透けてきたら、ボウルに取っておく。
f:id:torilover:20180924205727j:plain
3. 油を足して、豚肉を炒める。豚肉の表面が焼けてきたら、ナス、エリンギを入れて少し炒め、油を回す。

f:id:torilover:20180924205753j:plain 

4. 取っておいた玉ねぎを戻して混ぜる。その後じゃがいもをいれて軽く混ぜる。

5. 野菜ブイヨンをお湯で溶かし、Instant Potにいれる。ブイヨンと合わせて800ミリリットルから1リットルになるよう水を入れる。幅があるのはInstant Potの上限にならないよう調整するためです。

今回使用したブイヨンは日本でもおなじみクノールのキューブです(下の方)。

f:id:torilover:20180929043543j:plain

6. pressure cookのHiモードで15分圧力をかける。keep woarmは切っておき、終了後40分ほど放置しておくと圧が抜けます。たぶん、自分で圧力解放してもいいと思います。ふたを開ける前に圧力が抜けているかよく確認してから開けて下さい。 

7. あらかじめ割っておいたルーを入れてまぜ、ヨーグルトを入れてまぜる。sauteモードにして焦げないようにしながら数分まぜて完成です。

f:id:torilover:20180924210041j:plain 

肉もだいぶほどけているので、もっと大きな塊で入れてもいいかなと思いました。

じゃがいもとエリンギの触感はしっかり残っています。

玉ねぎを増やして水を減らして作ってもおいしいかも??

圧力鍋モードは時短になる

コンロにかける圧力鍋は特有の音が怖くて使うことができず、今までこの便利さを知りませんでした。Instant Potだと全自動で圧力調理をしてくれて、あっという間にじっくり煮込んだようなカレーができてしまってびっくりしています。

今後、もっと活用してみたいと思います。

 

ではでは。