ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

旅行代理店で取った航空券の復路変更手続きの仕方:JAL編

夫も私も復路変更可能なチケットで入国しています。復路の日程は、もしかしたら確定申告時期とかに帰るかも?という予想で2月半ばに設定していたのですが、どうやらその時期に帰ることはなさそうです。

そろそろ復路の日程を決めて、変更しないといけない時期になりまして、変更しました。今回は、その方法を記録したいと思います。

↓復路変更可能なチケットの取り方は以下の記事でご紹介しています。↓
www.torilover.com

旅行代理店で取得したチケットはwebから変更はできない

まずJALのサイトにログインすると、元々取っているチケットの情報が表示されます。旅行代理店で取ったチケットの場合、JALのwebからできる操作は制限があると記載があります。

f:id:torilover:20190129020612p:plain

そこで、JALのwebサイトのFAQ的なところも合わせてみてみたところ、どうやらこの場合は電話で変更する必要があることが分かりました。

電話番号を調べてみると、2つ選択肢がありそうです。

  • JALの日本の窓口
  • JALのアメリカ支店の窓口

アメリカ支店でも日本語案内できるようですが、せっかく携帯がアメリカ放題なので、日本の方に電話してみました。

 JALマイレージバンク(JMB)会員の方

電話でお問い合わせ(8:00~19:00〔年中無休〕/有料)

ナビダイヤル0570-025-103*

東京03-5460-3737*

特典航空券を含む、ご予約・ご購入・ご案内全般をお受けいたします。自動音声案内を通して、担当者におつなぎいたします。

お電話の際にはお得意さま番号ならびにパスワードをご用意ください。

 www.jal.co.jp

アメリカ支店の番号はこのページに案内があります。

www.jal.co.jp

 

電話で変更時の料金は取り扱い手数料+差額

日本の窓口の場合、会員向けの電話番号が別途用意されているので、自動案内でマイレージバンクの番号と6桁のパスワードを入力します。

変更の場合はそのあとのメニューで3をプッシュするとオペレーターさんにつながります。そこで、変更したい旨を伝えると、オペレーターさんはこちらの会員情報から今取得されているチケットについて確認してくださり、その後いつに変更したいかを希望を聞かれます。

〇月〇日の〇〇時発の便、と希望を伝えると、それが取得可能か確認し、席も希望を伝えると設定した上で変更していただけました。これらの設定に少し時間がかかるようで、有料電話ということもあってか、確認の上折り返し電話をしてくれるということで、かかってくるのを待ちました。その時は1時間くらい待ちました。

料金は、エアトリでそもそも復路変更可能で取っているので、そのための料金はかからないのは当然でしたが、電話での取り扱いは一件につき5400円かかるのと、チケット自体に休日料金と平日料金があり、平日料金のチケットから休日に変更しようとすると差額が請求されるということでした。

私は平日料金でしたので、平日に変更しました。そのため、差額はなく、手数料の5400円だけを支払うことになります。

支払い方法はどうするのか疑問でしたが、オペレーターから支払いのための自動音声に切り替えられ、クレジットカード番号と有効期限、セキュリティコードをプッシュすることで支払い手続きが開始されるとの説明がありました。手元にクレジットカードがあれば、音声の指示の通りに登録すれば簡単にできました。

オペレーターさんによると、ここではクレジットカード会社への確認はまだ行われないそうで、これに問題があったらJALから電話します、ということと、問題なく支払い確認ができれば特に電話はしないので、翌日くらいにJALの会員サイトに新しいチケットの情報が表示されるようになっているので確認してほしい、とのことでした。

翌日、ログインしてみてみると、希望した日程のチケットに無事変更されており、安心しました。

電話をかける前の準備

今回の経験から、電話をかける前に準備しておいた方がいいことをまとめておきます。

問い合わせ電話も掛けたタイミングによっては混みあっていてつながりにくいこともあるので、準備が不完全な状態で電話して何回もかけなおすというのは避けた方がストレスがなくていいと思います。

  1. 平日料金か休日料金か確認し、変更したい日を検討する。出発が日~木が平日料金だそうです。
  2. 変更したい日程に何時発の便があるか調べておき、便の希望を決める
  3. 調べた便に空きがありそうか、可能であれば、webで予約操作を途中までしてみてチェックしておく
  4. 同行者がいる場合は日程と便についてあらかじめ話して確定でいいか認識を合わせておく
  5. 手数料を支払うクレジットカードを手元に持っておく
  6. (アメリカ窓口の場合)アメリカ窓口の電話番号は会員かそうでないかでメニューが分かれていない可能性がありますので、e-チケットを手元に持っておく

 まとめ

チケットの変更は、準備したうえで電話すればそんなに大変じゃないことが分かりました。インターネットがないころはみんな電話でやっていたんですよね・・・。準備の仕方をインターネットで事前に調べることもできないし、大変だったんじゃないかなあと想像しました。

とりあえず気になっていたチケットの問題が解決されたのでちょっとすっきりて良かったです。

 

ではでは。