ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いていく予定。時々ロードレース、時々トリ。

労働許可証の取得準備③:walmartでパスポートサイズ写真のプリント

先月から、EADの申請の準備をしている話をしておりました、toriloverです。

www.torilover.com

書類のページ数の多さに圧倒され、自分の英語力ではしばらく仕事は無理だろうなと思いつつ、証明書類類の取り寄せや、申請してから届くまでにかかる時間のことを考えると、念のため今やっておくのもアリだよな、と自分を納得させていました。

今回は、書類準備の中で特に写真プリントで紆余曲折あったので、そこに焦点をあてた記事を書きます。

必要な書類が結構多い気がします

必要な書類は以下のサイトで確認します。

Application for Employment Authorization | USCIS

他に、申請済みの方々のサイトも参考にしながら必要な書類を集めました。

特に、銀行口座開設でお世話になったサイトであるこちらを参考にしました。

http://amazingmoments.tokyo/2017/02/21/ead-2/

書類リストを書き出してみました

  • Form I-765
  • 申請者と夫のパスポートコピーとVisaのところのコピー
  • 申請者のI-94
  • 婚姻証明書とその英訳
  • 直近3回の夫の給与明細のコピー
  • アメリカのパスポートサイズの写真2枚
  • $410の小切手
  • カバーレター
  • Form g-1145 

Form I-765は書き方説明のファイルを見るだけでゲンナリします。

銀行口座開設と並行して、記入方法などを参考に少しずつ準備していっていましたが、後半になって写真が2枚必要なことに気が付きました。

パスポートサイズ写真の入手に取りかかる

パスポートサイズ写真はデータを持っているのですが、家に写真プリンタがないので、プリントだけしてくれるサービスがないか探しました。

f:id:torilover:20181013183134p:plain

ドラッグストアのCVSでその場で写真をとってくれるサービスがあるとは聞いたのですが、写真用に顔整えてでかけるのが面倒と思いましたのと、データあるのに・・・という気持ちが働きましてデータから印刷だけしてくれるサービスを探してみました。

Walmartの写真コーナーで受け取れるらしい

色々サイトを見ていますと、Walmartの写真コーナーではwebシステムから登録した写真をパスポートサイズで印刷してくれるということが分かりました。店内には日本の電気屋にあるようなセルフプリント機もあるようですが、ちゃんと操作できるか心配だったのとさっさと受け取って帰りたいとおもったので、webからデータを送ってpick upすることにしました。

WalmartのPhotoサービスの使い方

アカウントを作る

まずはアカウントを作りました。

photos3.walmart.com

写真データをアップして受け取り店舗を選ぶ

webサイトはこんな画面です。

f:id:torilover:20181013182838p:plain

【Passport Print】を選びます。

f:id:torilover:20181013183106p:plain

【Create Now】を選択すると写真アップロード画面になります。

f:id:torilover:20181013183415p:plain

写真をアップすると右の枠の中でパスポート写真にふさわしい位置に顔をセッティングするようになっています。もともとパスポート写真にちょうどいいデータを持っていると、調整しなくてもぴったりはまりましたので、私は何も調整しませんでした。

注文する数は、2枚で1セットですので、写真が2枚いるからといって2セット注文する必要はありません。

このあと、pick upする店舗を選び、支払い方法を選択しました。

debitカードを入手したばかりだったのと夫の勧めで【お店ではらう】を選択しました。

※この選択は後に正解だったことがわかります。

注文が終わると、確か、翌日に、準備ができたというメールが届きました。メールの中にバーコードがついています。店員さんがこれを読んで写真探したり、支払い情報を出したりするのかなと思いました。

受け取りに行くと写真が無いと言われる

Walmartの写真受け取りは、店舗の営業時間とは別に朝の8時から夜の8時までだから気を付けてね、とメールに書かれていたので、夫の仕事帰りに連れて行ってもらい、7時半頃に訪問しました。

受け取りコーナーに行くと、不慣れそうな店員さんが、カウンターの中を探し回って、見つからず、困り果てていました。

メールに書かれているバーコードとオーダーナンバーを見せて、システム上でも探してもらいましたが、無いからもう一回注文するか、今ここで撮るか?と…。

探し回っている間ずっと待っているのに疲れたのと、写真撮る予定ではなかったので適当な顔と頭で来ていたため、ここで撮られるのは嫌だだと思い、もう一度注文することに><

受け取り時に支払いすることを選択していたので、返金だのどうのこうの考えなくてよかったのは正解でした。

写真プリント機に挑戦するもPassport Printメニューが出せない

写真プリント受け取りコーナーの近くにあった写真プリント機はどうか?と思い、iphoneを接続して試してみたのですが、メニューの中からPassport Printがみつからず、あきらめました。

店舗受け取りはやめて配達に変更

Walmartは店員さんの質に当たりはずれがあるのかも??と思いました。今回初めて行ったので店の中の探検もしたのですが、棚の陳列が荒れていて、探すのにとてもストレスを感じました。

配達であれば、写真プリントになれたスタッフがプリントして、そのあとは配送業者の仕事になるので、今回のようなことは起こらないのではないかと思い、配達で注文しました。

先ほど操作したシステムで、店舗受け取りではなく、配達を選択します。送料分料金が少し高くなり、10ドルちょいでした。

配達はFedExでした

配達はFedExが使われているようで、発送されるとWalmartからトラッキングのためのメールが届きます。

そこで様子を確認していると、昨日11日に【Delivered】の表記になりました。

寝室側で作業や掃除をしていたので、ノックに気が付かなかったのかもしれませんし、ノックせず、リーシングオフィスに行く場合もあると夫に聞いていたので、何にせよリーシングオフィスに行かねば、とその日の夕方にリーシングオフィスに行きました。

リーシングオフィスにに行くと、いつも預かりパッケージを入れている倉庫を探してくれたのですが、無いとのことで、すごすご部屋に帰りました。

とことんこのサービスと縁がないなと思い、翌日念のためもう一度リーシングオフィスに行ってさがしてもらってもなければ、その足でCVSに行こうと決めました。

f:id:torilover:20181013190755p:plain

翌日、リーシングオフィスから荷物があるよと連絡が!!

翌日、リーシングオフィスに行こうと準備していると、リーシングオフィスからメールで荷物があるよ、と連絡がありました。

母がEMSを送ると言っていたので、それの可能性もあったのですが、行ってみるとWalmartの写真でした。

これまでリーシングオフィスから荷物があってもメールが来たり来なかったりはして、これは気まぐれかなあと思ってました。

今回のことで、うちのアパートのリーシングオフィスでは、荷物の種類か何かで分類をしていて、メール通知するものしないものに分けて保管しているのではとわかりました。

昨日の時点でこの荷物はメール通知すべきものとして別の場所に保管されていたため、見つからなかったのでは?と予想します。

FedExのWebサイトにも、家の周りに落ちてたり、近所に預けてたりするから三日経っても無かったら連絡して来い的な事が書かれていた意味が分かりました。

とりあえず、写真は紆余曲折ありましたが、なんとか入手できました。

 

次回は、他の書類の準備や、発送してからのことを書けたらいいなと思っております。

 

ではでは。