ダラス転勤でおろおろする家族の日記

夫がアメリカ転勤だ!(赴任ではないらしい)、と言い出し、あわててあれこれ調べたり準備したり。やったこと役にたったこと、の記録と日々のことなど、適当に書いています。解説というよりは、記録という色が強いため、読みにくいかもしれません。どんどん内容は増やしていきたいと思っております。

MENU

一時帰国⑤:帰国者を受け入れてくれる隔離サービスを探す

こんにちは、toriloverです。

帰国中、思ったほどパソコンでの書き物ができなくて、書きたいことがたまってしまっています。

今回も引き続き、一時帰国シリーズです。今回は、いきなり実家にいかず、一時帰国時の自主隔離用の宿泊機関を使うことにしました。いくつかのサイトを見て検討したので、実際に宿泊した体験なども含めてご紹介します。

DS-160用写真の用意

大使館面接予約

戸籍謄本とその英訳の確保

飛行機確保

検査機関確保 →済

自主隔離のための宿確保

隔離先もしくは自宅への交通手段確保

滞在中のお金等確保(アプリ決済とかクレジットカードの設定とか)

郵便を止めておく

Amazon定期便などをしていたら止めておく

日本での医療保険の利用について調査

羽田空港での検査の様子

隔離生活の立ち上げ →済

隔離中、隔離後の移動手段について

帰国前検査機関の調査 →済

隔離宿をとるときは、入国日を0日目とするということなので、15泊確保しました。

f:id:torilover:20210327031754p:plain

探すときのポイント

我が家が隔離宿を探すときにポイントにしたのは以下の点でした。

  • 日本の空港でのPCR検査が陽性だった場合、キャンセル料がかからないこと
  • 海外のクレジットカードで支払えること
  • Wi-Fiがあること
  • ノートパソコンが使えそうな机があること
  • 空港送迎もパックになっているとよい
  • 台所が使えること
  • 洗濯機があること
  • 浴室乾燥機か乾燥機が使えると嬉しい 

一つ目は、予約する前から気になっていて、日本の空港で陽性がでてしまったら宿泊できないので、大事なポイントでした。

利用した帰国者向け隔離サービス

観光客がいなくなってしまったので、帰国者向けのサービスが充実してきている気はしていたのですが、検索するとやはりいくつか出てきまして、最終的に、我が家はNOWROOMというところのサービスを使いました。 

NOWROOM

SNSでこちらのサービスを利用されたかたのコメントを見かけまして、ご満足されていたようですし、交通もパックになっているような書きぶりだったので、見積もりをとって、こちらを利用することにしました。

kikoku.nowroom.jp

条件を伝えましたら、1泊4000円~12000円の物件を6つほどリストアップしてくださいまして、宿泊費は2人目以降500円プラス、清掃費5000円が別途必要とのことです。

依頼時に場所を特に伝えなかったので、成田方面から便利そうな、東京都東側の物件中心のご紹介でした。

羽田便だったので、見積もりいただいてから、大田区や羽田周辺の物件を問い合わせ直したのですが、ここから再度新規物件の空きの確認などをしていると間に合わないかも。。。ということでしたので、見積もりで提案された部屋から選びました。

我が家のように急ぎの場合は、問い合わせる際に最初から場所の希望も具体的に言った方がよかったみたいです。

料金はpaypalか銀行振込ということで、paypalなら海外クレジットカード使えるので、こちらの条件もクリアできました。

交通もパックになっているような書きぶりでしたが、以下のnearMe AirportShuttleというサービスを紹介されまして、各自これを予約することを勧められました。

nearMe AirportShuttle

値段を見てみると、ハイヤーよりお得そうでした。ハイヤーだと、都内一律〇〇円とかだったのですが、ここは距離で値段が変わります。乗合いをOKにすると、タイミングがあえば、少し安くなる場合もあるようです。

ネットで利用されていた人の口コミを見て悪くなさそうでしたし、クーポンで1000円引きというのもあったのも良いポイントでした。使ってみましたら、時間変更とかがきかないのは不便でしたが、乗り心地の良いアルファードが来てくれて、快適でした。

app.nearme.jp

このサービスだけを単体で使うこともできるので、使ってみたい方はよかったら以下の紹介クーポンを使ってみてください。

【nearMe.Airport】¥1,000分の割引クーポンをGETできます。

※ページより会員登録をしていただく必要がございます

紹介コード:q46akw

https://app.nearme.jp/signup?promotion_code=q46akw

その他帰国者向け隔離サービス

そのほかにも調べたけれど利用しなかったサービスの情報も記載しておきます。

unito Pro

帰国を検討するだいぶ前に、ネットの記事かなにかで、unito Proのサービスを見ていて、パック料金なのがいいなと思っていたのですが、パック料金が少しずつ値上がりしていて、2人で宿泊する我が家としては、他のサービスの方が安くなる可能性もあると思い、NOWROOMに問い合わせてここは使いませんでした。

私の計算が間違っているのかもしれませんが、帰国時を0日にするなら15泊必要な気がしていたので、14泊に1泊追加すると表記の金額よりもう少し高くなりそうです。

pro.unito.me

Airbnb

Airbnbにも、帰国者歓迎という部屋がいくつかありました。陽性が出た時のキャンセルや、送迎のことにも触れているお部屋もありましたので、合う物件があれば問い合わせてみるといいと思いました。

我が家は時間があまりなくて、うまく合う家をさがす余裕がなく、NOWROOMですすめてしまいました。

www.airbnb.jp

一時帰国.com

検索すると、サービス名がそのままなので、上位に出てきます。ここもpaypal払いができます。

食料の調達パックや、モニタの貸し出しなどいろいろ面白い追加パックがあるみたいです。名前だけ調べてはあったのですが、我が家は時間がなくて比較見積もりを取るまではできませんでした。

www.ichiji-kikoku.sumyca.com

NOW ROOM紹介のマンションに宿泊してみて

紹介のサイトの情報と食い違うところはなくて、良いお部屋でした。

泊まってみて実感したのですが、安めの部屋を2人で予約すると、ベットがふたつ無理やり置かれている部屋を紹介されることが多いのですが、我が家が選んだのはベッド1つのお部屋でして、やはりその方が荷物スペースなどが取れて快適でした。Wi-Fiがwebサイト上の紹介のものよりグレードが良くなっていたのが想定外に快適でした。

お風呂も湯舟が小さいですが、自動給湯器ですし、バストイレ別で、満喫させていただきました。

実は、もったいないことをしたのですが、もっと広い方の部屋があいていたので、無料でそちらにアップグレードされていたのですが、私がそれに気づかず、もともと申し込んだ方の部屋番号を思い込みで開けてしまい、そこを使ってしまっていました。3日目くらいまで気が付かず、ごみの捨て方を確認しようとメールを見返した時に部屋番号が違うことに気が付きました。こんなポカをするのは私くらいだと思いますが、お気をつけください。

すでに今の部屋で荷物を広げて基地を構築してしまっていましたので移動も面倒だということにとなり、連絡して、狭い方の部屋のままでいくことになりました。

 

ホテル泊と違う部分は、フロントがなくて、私のような部屋間違いがあっても気が付かない、とか、清掃は全部自分でやることになる、とか、一般的なホテルでは借りられる加湿器・空気清浄機がないというような点だと思います。

まとめ

色々調べてはありましたが、日程が決まるのが急で、慌てて問い合わせをしたため、比較があまりできなかったのが残念でした。

日程に余裕のある方は複数サービスを比べてみてください。nearMe AirportShuttleは、知らないサービスでしたが、今後も使えそうなサービスだったので、これを知れたのはよかったです。

 

ではでは。

 

www.torilover.com 

www.torilover.com 

www.torilover.com